NPO法人ITC近畿会 事業委員会ページ

 NPO法人ITC近畿会・事業委員会では会の目的に沿って

 下記カテゴリー等で事業を計画し起業していきたいと考えています。

  1.IT経営コンサルティング関係(実施中)

  2.セキュリティ関係(タイミングを見て実施中)

  3.イノベーション研修,経営デザインシート関係
  4.デジタルトランスフォーメーション関係
  5.イノベーションマネジメント関係

  6.ITCA主催研修関係

  7.ITCnow研修及び同窓会(IoT、AI、ロボット、ビッグデータ)

  8.生産性向上、働き方改革等など


IT経営ケース研修

 ITC近畿会のケース研修の特徴

 ケース研修は、ITコーディネーター協会(https://www.itc.or.jp/)と地域のITコ

 ーディネーター組織(届け出組織と呼ばれます)が協力して実施するものです。
 基本的なコース、日数、主なカリキュラム、テキストなどは標準化されていて
 全国で開催されているものです。


  ITコーディネーター制度とケース研修については以下のHPをご覧ください。 
  https://www.itc.or.jp/aim/index.html

 

1.ITC近畿会について少しだけ

  NPO法人ITC近畿会は2002年に発足し、2010年4月に任意団体からIT経営の研究、

  実践をするNPO法人へと再編しました。 

  現在、約120名の様々な分野のプロフェッショナルがITコーディネーターとして
  活躍する近畿地区最大のITコーディネータ届け出組織です。

  

  ITC近畿会は近畿経済産業局様や他の行政機関、KIIS、商工会議所、よろず支援拠

  点などなど様々な機関と連携して活動しています。

 

 2.ITC近畿会の主な活動

  中小企業様が、ITを経営の力とするいわゆる「IT経営」の推進をすることをお手伝

     いするのが最大のミッションです。

  具体的には経営環境変化の認識に始まり、経営戦略の立案、IT戦略立案、IT資源調
      達、IT導入、ITサービスの活用を、中小企業の経営者の立場に立って経営を支援す
         ることが第一 のミッションということになります。

     その他関連する様々な例えば以下のような活動をします。

  IT導入、働き方改革・生産性向上、イノベーション、IoT、ものづくりの高度化、

  テレワークの普及啓蒙、女性活躍社会、事業承継、事業継続等など様々な分野で近
  畿地域の中小企業等の活性化に関する活動などなど。

 

 3. ITC近畿会のケース研修受講者のメリット

   近畿会のケース研修は、講師全員が近畿で活躍・活動するITコーディネーターで
   す。従って近畿会のケース研修修了者は、研修終了後もITコーディネーターとしての

   自立していく活動のなかで講師や先輩ITコーディネーターに相談に乗って貰ったり、

   場合によっては一緒に活動することができます。

   その他主な特典は下記の通りです。 

   ①I&Iファーム東京(http://www.iif-tokyo.jp/)の開催するITC試験対策講座が特別

    料割引料金で受講可能です。ご希望の方はご相談ください。

   ②ITC近畿会のケース研修修了者はITC近畿会へ入会されると2年間年会費が免除され

    ます。

   ③ITC近畿会に加入し「近畿をIT経営で元気に」等の活動を通してITC近畿会のITコ

    ーディネーターと気楽に相談できます。ITコーディネーター資格取得後の自律の応
    援を受けられます。

   ④ITC近畿会では「ケース研修説明会(無料)」を開催します。又要請いただければ

    皆様の会社や組織に出向いてケース研修やITコーディネーター資格制度の説明をし

    皆様の受講の後押しをさせていただきます。気軽にお声がけください。

    ⑤近畿会ではケース研修申し込み者に研修受講前にプロセスガイドライン説明会を

     無料で提供しします。

    ⑥近畿会では、研修受講者にITコーディネーター試験対策講座を無料で受講できるよ

    うにします。

 4.ITC近畿会のケース研修

    ①講師は全員近畿地区で活躍する経験豊富なITコーディネーターです。

     ITに関する知見や経験も確かで、IT経営コンサルタントとして現に近畿地区で活躍

    しているITコーディネーターばかりで構成されています。出稼ぎ講師はいません。

    ②研修会場は大阪市内などの交通に便利で環境も良い、施設も終日受講するのに適し

     た良い環境で開催します。例えば大阪私学教育会館、ドーンセンター、尼崎商工会

     議所等などや相当する良好な快適な環境で開催します。

 

2020年度第一期ケース研修受講生募集チラシ

ダウンロード
2020年度第一期 ケース研修受講生募集チラシ
平日、週末各1コースを開催します。
case20012.pdf
PDFファイル 1.2 MB

2.情報セキュリティ関係

 中小企業向け情報セキュリティについて現在下記事業を計画中です。

 2.1 情報セキュリティアクション関係ビジネス

 2.2 情報セキュリティコンサルテーション関係ビジネス

 2.3 情報セキュリティマネジメント 研修関係
    ①情報セキュリティマネジメント試験対策講座

    ②情報セキュリティマネジメント研修

2.1情報セキュリティアクション支援サービス

 情報セキュリティアクション支援サービスの概要は下記資料をご覧ください。

 

ダウンロード
セキュリティアクションプログラム支援サービス170624.pdf
PDFファイル 1.9 MB
ダウンロード
セキュリティアクション紹介概要図170624.pdf
PDFファイル 517.4 KB

3.イノベーション関係セミナー

3.1デザイン思考ワークショップ

  イノベーション手法「デザイン思考」のプロセスで、顧客視点での商品開発を体験しよう。

  講座の概要

  近年のパラダイムシフトやコモディティ化の進展等により、企業を取り巻く経営
        環境は大きく変化しています。このようななか、過去の成功体験や従来と同じ手
  法の繰り返しでは企業存続すら難しく、既存の枠組みを変えるようなイノベーショ
  ンを起こすことが求められています。

  本ワークショップでは、「どうすれば顧客が抱えている障害を減らしてハッピーに
  できるか?」といった人間を中心に設計された問題解決を図るイノベーション手 
  法である「デザイン思考」をワークショップ形式で体験し、顧客の問題の本質、
  真のニーズを発見し新たな価値を創出するプロセスを学んでいただきます。
  また、新たな価値提案をビジネスモデルに落とし込みます。

  講座の進め方

  1.自己紹介、本講座の進め方

  2.イノベーションの必要性

  3.デザイン思考5ステップ解説

  4.デザイン思考のプロセスでITソリューションを開発しよう

  5.ビジネスモデルを創ってみよう

  6.ストーリーテリング、発表

  7.まとめ

[開場/受付] 9:30 ~

[研修開始]  10:00 ~

 10:00 ~10:10 講師紹介、講座の進め方など

 10:10 ~10:20 参加者自己紹介(参加の目的など)

 10:20 ~10:40 イノベーションの必要性

 10:40 ~12:00 デザイン思考5ステップ(ワークと解説)

 12:00 ~13:00 休憩

 13:00 ~16:00 商品開発ワーク

 16:00 ~16:50 ストーリーテリング、発表

 16:50 ~17:00 講評

[終了] 17:00

(途中60分程度の昼食休憩が入ります)

3.2ビジネスモデルキャンパス入門

  イノベーションを起こす!

  ビジネスを「創る」ためのビジネスモデル・キャンバス(基礎編)

  一口PR  

  ビジネスモデル・キャンバスを使って、ビジネスを「創る」プロセスを身につけ
  よう!

  講座の概要

  近年のパラダイムシフトにより、企業を取り巻く経営環境は大きく変化しています。

  このようななか、過去の成功体験や従来と同じビジネスモデルでは企業存続すら難しく、

  既存のビジネスモデルを枠組みを変えるようなイノベーションを起こすことが求められてい
  ます。


  本ワークショップでは、ビジネスモデルキャンバスを使って、ビジネスを「創る」ための考
  え方やプロセスを、ワークショップ形式で身につけていただき、今後のイノベーティブなビ
  ジネスモデル開発に役立てていただくことを目的としています。

  凶事あの目次及び研修シラバス

  1.イントロ

2.ビジネスモデルにまつわる背景

3.ビジネスモデルキャンバスとは

4.事例を使って使い方を身に着けよう

5.「お題」のビジネスモデルを創ってみよう

 

[開場/受付] 9:30 ~

[研修開始]  10:00 ~

 10:00 ~10:10 講師紹介、講座の進め方など

 10:10 ~10:20 参加者自己紹介(参加の目的など)

 10:20 ~10:40 ビジネスを「創る」とは

 10:40 ~12:00 ビジネスモデルキャンバス(解説)

 12:00 ~13:00 休憩

 13:00 ~14:30 様々な事例企業のビジネスモデル

             (解説)

 14:30 ~16:30 ビジネスモデル・デザインワーク

 16:30 ~16:50 発表

 16:50 ~17:00 講評

[終了] 17:00

(途中60分程度の昼食休憩が入ります)